休み度々で会社に気を遣い、子どもの発育もあれこれ心配。動かぬ家人に溜まる家事。そんな働くお母さん、ちょっと笑っていきませんか?


by mypandora0
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プラレール
飲まず食わずで
一時間

オカン川柳ではなく、京都の鉄道カフェ「デゴイチ」の訪問レポートです。

日本最大級のジオラマカフェ「デゴイチ」にキッズ版ができ、しかもプラレール三昧。

http://www.club-d51.com/info/?PHPSESSID=kha1r62ma86gmj8l1fclev2ck3

しかしホントに子ども連れが使いやすいのか!?ということで、行ってみました。

f0222009_13184989.jpg


阪急電車、河原町駅より徒歩8分。ちょっとわかりにくいですが、外観。
(駐車場は混み混みでなかなか見つからなかった)。

f0222009_1303613.jpg


入口入るとゲートをくぐります。うん、プラレール持った子どもが逃亡しなくていいね☆

f0222009_13340100.jpg


夢のような風景。プラレールもどっさり、お父さんも吸い寄せられています。

f0222009_1321232.jpg


トイレも広々、2カ所あるうえに子ども用のふみ台、ベビーベッド…これは楽だ!

f0222009_1323579.jpg


キッズメニューも充実、大人用のドリンクバーまで…くう、考えてるぜ。
というわけで、時間短かったのですが、大人もこどももめいっぱい楽しみました。
一人でも手が離れるってラークー!

ただひとつネックなのは、子どもが帰りたがらないということ。本気で泣かれます。説得に疲れる。
そのうえ、帰ってからもしばらくは「プラレールに行く!」とさんざん主張される始末でした。

ふたつよいこと、さてないものよ…。

<お店詳細情報>

【カーナビ登録住所】

京都府京都市東山区新門前通大和大路東入ル2丁目中之町241
(TEL)075-533-8196
駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用下さい。
【最寄り駅】

京都駅より→JR奈良線 東福寺にて京阪電車に乗換え→出町方面 祇園四条駅下車  徒歩8分
阪急河原町駅   徒歩13分
京都市バス知恩院前  徒歩5分
【運休日】

不定休(店内、施設等のメンテナンスでの臨時休業あり)
【営業時間】

デゴイチ (2F)
■平日
始発12:00 終電24:00(ナイトタイム17:00~ ラストオーダー23:30)
■土曜
始発10:30 終電24:00(ナイトタイム17:00~ ラストオーダー23:30)
■日祝
始発10:00 終電20:00(ナイトタイム17:00~ ラストオーダー19:30) 

キッズ・デゴイチ (1F)
●平日・土曜
始発10:30 終電21:00
●日祝
始発10:00 終電20:00
[PR]
# by mypandora0 | 2011-12-27 13:25 | 子育て関連
取り込んだ
服をそのまま
次の日に

この句を見てピンときた貴女(貴方かもしれない)、子どもが保育所に持っていく着替えやタオルを毎日、準備なさっていますね?

そう、取り込んでそのまま入れる服は次の日に「着せる」というより、「次の日に着る用にリュックに入れておく」服なのです。

子どもが活発に外で遊びまわるのは大変けっこう。服がたくさん汚れるのも仕方ないよね☆
あれ?でも、洗濯は誰がするの?
(わーたーしーだーよ!!という、働くお母さんの声が…声が聞こえる)

取り込んだ服をそのまま保育所準備に入れてしまえば、たたんでタンスに入れる、という工程をすっとばし、ワンストップサービスで洗濯ほやほやの服をお子さんにご提供できるのです。
なんとなくスマートに聞こえますが、つまり畳む手間がめんどくさい、という。

冬の服は、なかなか乾ききらずに、夕方家のなかに取り込むことも多いですよね。
仕事と家事に追われるお母さんに、ちょっと室内で乾かしてから…畳んでタンス…で、保育所の着替えを…としている暇は、ない。ないぞ。


実はまだ、ためらいは残っているのです。
「あれ、あの子こないだ着てた服とまったく同じ組み合わせ」
うわあああ。保育士さんには確実にバレてる!

子どもも物心ついてきましたしね…。
と、ためらいながら、今日も入れる。乾いたばかりの服を。


※ちなみに、我が家では朝(ご主人担当)、夕方(私担当)の2回洗濯。楽させていただいてます。

f0222009_14282335.jpg


それならちゃんとコーディネートしなさいよー。

…すみません。
[PR]
# by mypandora0 | 2011-12-06 14:30 | 働くオカン、ここで一句。
※先日、カレー文具リターンズという、文具をこよなく愛する人々の群れに参加してまいりました。
その際、「自分の文具好きと関係のありそうな本を紹介し、自らの文具好きについて語る」という課題が課せられていましたが、時間の都合によりお話できませんでした(まあ、時間があっても話術がないので、どうせ話せませんが)。
ここにその課題への回答を記します。関係者の皆様、ご笑覧ください。
(カレー文具リターンズ http://twipla.jp/events/14482


まっさらのレターセットやメモパッドを見ると、足を止めてしまう。
繊細な筆先のカラーペンがあれば、そっと試し書きしてしまう。
文具を見る時の、ワクワクと少し涙が入り混じるような、切ない感覚は何なのだろう。

持ち歩くのはA4ノート、なぐり書きできるボールペン。普段使いの文具は実用性第一。
しかし時折無性に小さい、可愛らしい、ちまちました文具品に惹かれる。

学生の頃、無印の細いカラーペンで便せんに手紙を書いて、小さく畳んで友達と交換した。
丁寧に、行間にきちんと文字が収まり、まっすぐな傍線が引かれた友達の手紙。
文具はあのころの記憶を呼び起こすのかもしれない。

梨木果歩の「西の魔女が死んだ」に出てくる、カントリーハウスでのロハスな暮らし。
道端のワイルドな野イチゴを丁寧に摘み、大量の小瓶を熱湯で消毒して、ゆっくり煮詰めたジャムを入れる。
足で踏んで洗濯した、まっ白いシーツが、洗濯ロープにかけられて風に翻る。
面倒だけれど丁寧な、心が込められた、日々の営みの数々。
そして、主人公の少女の純粋な、悪に対して潔癖な、鋭く繊細な感受性。

文具はそういう、ちょっとあぶなっかしくすらある、純度の高い精神の時期を連想させる。
数々の繊細な手順のなかで、感受性が研ぎ澄まされていくような感覚。
仕事に就いて、子どもを産んで、徐々に遠ざかってしまった、あの繊細さ。

冬の冷たく新鮮な空気のような、その感覚を思い出すためだけに、小さなノートや可愛いペンを使わずにしまっておく。
繊細に生きられないからこそ、文具に憧れ、手作りに憧れる。
それが、私の文具好きの根幹にあるように思います。

(ま、その憧れと食欲が一体となって、このブログで報告しているように、パンとかいろいろ作るようになったわけです。食い意地だけではない。ただ、食い意地が動機の80%くらいを占めていることは認めざるを得ない)
[PR]
# by mypandora0 | 2011-11-29 13:19 | 「書く」関連
大変ご無沙汰いたしました。この秋、我が家に可愛いオーブンちゃんがお嫁にきまして、しばらく夢中になっておりました。

ただただ食べ物への欲望を羅列するところから始まった、このブログを始めたころはかろうじて20代。さて、30代を迎えての新しい「食べものを作る」カテゴリテーマはこちら。
「金をかけず、手間をかけずに、ちょっとしたもの」。
前半は変わりませんが、もうええトシなんだからちょっとしたものを作れるようになろうよ、ホットケーキミックスで簡単蒸しパン!とか言ってないで(蒸しパンは好きですが)。

オーブンは家にあるけれど…。
「お菓子作りとかって難しそう」「自分にはとても」という方、ぜひ安心していただきたい。
これほどめんどくさがりの私が作れるのだから、ぜんぜん、ぜーんぜん大丈夫です。
独身時代は妹が焼くホットケーキを片っ端から食べて、怒りの余り妹が泣いた、というエピソードを持つ私。その私でもできる、手間を極力省いた、ちょっと憧れる食べ物レシピを紹介します。クックパッド引用です。
(ちなみに、オーブンなしのものは一部、「食べ物を作る」カテゴリにあります)

まず、オーブンを手に入れたら作ってみたい、パウンドケーキ。
f0222009_12472788.jpg

端っこのカリカリが好き。

これはこちらのレシピで。
サラダ油で作る☆基本のパウンドケーキ
http://cookpad.com/recipe/698087

そして、パン。
f0222009_12504842.jpg

「日曜日の朝食は面倒だから、パンを焼いてすませちゃうの~」って、謙遜のような自慢ができます。

これ以上に失敗なし、簡単!というレシピを知らない。発酵時間が短いのも魅力。
慣れたら本当に30分、洗いものも合間にやれば片付けまで含めて40分あれば。
30分で本格簡単パン
http://cookpad.com/recipe/600984

パンは強力粉とドライイーストを買っていただかなくてはなりませんが、ドライイーストも個包装のものなら長持ちしますし、腐るものではない。おかずパンを作れるのが楽しい。ちょっと色々載せて焼くだけですごい本格的っぽい。

「そうは言っても粉をふるったり、ゴムべらでかき混ぜたり、耐熱ボウルもいるでしょう?」というあなた。なくてもできる(キッパリ)。こちらをご覧ください。
f0222009_130487.jpg

左から説明いたしましょう。我が家の粉篩い機、ヘラ、耐熱ボウル、ケッパー、麺棒、蒸し器です。
味噌こしチームが粉も篩い、どんぶりが耐熱ボウル、お好み焼きのヘラがケッパーに(ちょうどいい重み)、麺棒はすりこぎでいいじゃないか。鍋に小皿を天地逆にして置き、落としブタをのせて水を入れれば蒸し器です。

狭い台所で一人二役、大活躍。いつもありがとう。
それにしても、持主の適当ぶりがよく出ている絵だなあ。
というわけで、今後も手間と金をなるべくかけない手法をご提案してまいりたいと思います。

※追記 ここでご紹介したレシピはどちらも、粉類は100g。家で、「小麦粉100g」の印がついた計量カップに入れて、なんと計りを使いません。ちょっと適当でもうまく作れるレシピって、ちょっと融通の利くお店のベテラン定員さんみたいですごく好き。適当な私を許してくれます。
[PR]
# by mypandora0 | 2011-11-21 13:13 | 食べ物をつくる
忘れない
いくつになっても
さみしいよね
(字余り)

保育所に通い始めてはや2年を過ぎた上の子。
お昼前、発熱した下の子のお迎え時に、どんな顔して過ごしてるんだろう…とちょっと覗いてみたら、バッチリ目があってしまいました。
駆け寄ってきて笑顔(帰れると思ってる)、事情を話すとイヤイヤ(号泣)。

よくいえば大らか(悪くいえば大雑把)の私といえども、さすがにチクがむねむね、いや、胸がチクチク。

そういえば知り合いの年長の子に「毎朝、バイバイするときはやっぱさみしい?」と聞いたら、「うん、さみしい」と言われたこともあったなあ。
朝、保育所でわかれる時にヘーキ!って顔してこちらを見ない時もあるけど、見たらさみしくなるから見ない、のかもしれない。
「なんだ、全然大丈夫じゃん」と、ただ油断しているのも考えものなのだなあ。

その日のお迎え時、保育士さんに「(途中で会ったりして)すみませんでした。息子泣いちゃって…」と謝った。
「ああ、すぐ機嫌治ってましたよ」
「・・・・・・」

子どもって、思ったよりも繊細で、そして思ったよりも逞しい。
[PR]
# by mypandora0 | 2011-09-05 11:26 | 働くオカン、ここで一句。